大和出版印刷株式会社

スタッフblog

ニックネーム

2012-12-26

こんにちは。
システム部のぶっきーです。

現在入社7年目で、今年9月からはシステム部でWebサイトの制作をメインに行っています。

これまでは現プレス部制作課にあたる部署で、組版・オンデマンド印刷の出力・Webサイト制作を行っていました。
今まではさまざまな業務を幅広くさせてもらっていましたが、システム部へ異動したことでWeb制作に集中できる環境にしてもらっているので、より専門的な知識を身に付け、お客様に提供していけるようにしていきたいと考えています。

さて、ここで、私のハンドルネームについてお話ししたいと思います。

弊社の社員からも、「なんで“ぶっきー”なん?」とか「もしかして妻夫木聡のファン?」と尋ねられるこの名前。
本名に「ぶき」という言葉を含んでいないので、疑問に思われるのも当然です。

これは実は、学生時代のニックネームなんです。
聞き間違いの多い友人がいるのですが、彼女が私の名前を初めてきいた時に、「じゃあ“ぶっきー”ね」と。
結局そのまま定着して、みんなにそう呼ばれるようになってしまったのでした(笑)
聞き間違いから生まれたニックネームですが、気に入って時々使わせてもらっています。

彼女も今では立派に教師をしているそうです。
生徒たちに人気のある、いい先生になっているんだろうなぁ。

さて、このスタッフブログも早いもので、一巡してしまいました。
では、次は2回目の多田さんにバトンタッチ!

印刷オペレーター

2012-12-19

はじめまして。
プレス部印刷課の岩村です。
気が付けば、今年もあと二週間で終わりですね。
時が経つのは、本当に早いものです。

自己紹介のかわりに、仕事の話をさせてください。
僕の仕事は、印刷オペレーターとして印刷機を動かしています。僕はこの大和出版印刷に入社してまだ1年と少しで他の社員の人と比べたらまだまだ新米です。
でも、印刷の仕事は19歳の終わりからやり始め、約13年が経とうとしています。13年間、印刷の仕事をしていますが、毎日やればやるほど、知れば知るほど、この印刷という仕事はとても難しく奥が深い仕事だと思い知らされます。
今までの仕事の中でいろいろな紙を印刷してきました。紙の種類で言うと、薄紙、厚紙(ボール紙)ユポ紙、タック紙、ホイル紙(お酒の箱の特殊紙)など種類はさまざまですが、それぞれ印刷のやり方がありとても勉強になります。
この会社では、初めて両面印刷機を使いました。今までは片面印刷機しか使ったことがありませんでした。両面印刷機は片面印刷機とは違ったトラブルがあります。これからも進めていく中で、いろいろなトラブルがあると思いますが、めげずに頑張っていきたいです。

次は、システム部のぶっきーにお願いします。

ものづくり

2012-12-13

こんにちは、営業部の谷上です。通称:Tやん とも呼ばれています。
入社して24年、気付けばもうじき四半世紀を迎える超ベテラン社員です。
年齢も四十半ばに差掛り人生折り返し地点ですね( ̄0 ̄)゛

私は子供の頃から“ものづくり”が好きでよくプラモデルを作っていました。車や戦車、特にガンプラ(当時のアニメ界では有名で機動戦士ガンダムのプラモデルです)にはハマりました。プラカラーを使って塗装までやっていましたので、部屋中にシンナーが充満してヤバい状態に陥りそうになったことも今ではいい思い出です((((^_^;)。高校時代は工業系の学校に通っていましたので、将来は機械エンジニアの職に就ければと思っていました。

大和出版印刷への応募の動機は印刷機操縦のオペレータになりたかったからです。しかしその当時、営業部増員の話があり入社当日から営業部配属となりました。まさかの展開でビックリでしたが…。

営業畑で約20年間(途中制作オペレータも数年経験あり)、お客さまに育てていただき今の自分があります。常にお客さまの「役に立てる営業マン」を目指し、そして「ものづくり」に誇りを持って、人生後半歩み続けていきます(。^-‘)v

“印刷もできる印刷会社”お困りの事があれば何でもご相談ください。個性派営業揃っています!

次は、プレス部印刷課の岩村さんお願いします。

職場復帰1年

2012-12-05

はじめまして。
アラフォー、1児のハハ、プレス部制作課のクロダです。

2010年から1年間『育児休業』を取得し、復帰して1年になります。
復帰直後は、まだ授乳中だったこともあり毎日バッタバタで、会社のトイレで搾乳したこともw。
会社の理解と周りのサポートでなんとか乗り切り、最近は子どもも言葉が理解できるようになって自分でできることも増えてきたので少しだけ楽になってきました。

育児休業を取得する以前の10数年間は、主にMacでの組版(文字や図版などの要素を配置し紙面を構成する)作業を担当していました。
今でも街を歩いて看板やポスターを見ると、内容よりもフォントの種類や色使いが気になってしまいます。
組版作業には専用のソフトを使うのですが、印刷業界の移り変わりは早く、入社前は『PageMaker』、入社後は『QuarkXPress』『EDICOLOR』、現在の『InDesign』とさまざまなソフトを使用してきました。
ただ、使うソフトは変わっても文字組や色の知識など必要なスキルはそれほど変わりません。

復帰後は関連会社への原稿手配や文字・レイアウトのチェックが主な仕事なので、自分なりに勉強した事や今までの仕事で培った経験やノウハウを活かし“読みやすく、伝わる印刷物”になるよう、若いオペレーターの人たちと一緒に試行錯誤しています。
組版の仕事が好きだったので、初めは正直とまどいもありましたが、最近は自分で組版していた時とは違うやりがいを感じ始めたところです(#^.^#)。

趣味は『洋裁』。
毎日パソコンの前に座ってデジタルの世界にいるので、休みの日はおもいきりアナログな物作りの世界に没頭し、たまに自作の服で出社していますっ。

産休中に作ったロンパース

では次は、営業課の谷上さんお願いしまーす。

   
大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲