大和出版印刷株式会社

スタッフblog

奪取

2013-01-30

01営業部の三宅です。今回は『奪取』(真保裕一、講談社、1996)から紹介しましょう。贋札作りをめぐるコン・ゲーム小説です。四六判二段組五百ページを超える大冊ですが、多くの描写を印刷物の製造過程にあてていて、今回久しぶりに読み返しましたがなかなか楽しかったです。やはりこの手の話のキモは「この本のとおりにすれば自分にも日本銀行券が作れるんじゃないか」と読者に思わせられるかどうかで、冷静に考えると実際は当然無理ですけれども、少なくとも印刷業のことはわかったような気になるという意味で成功していると思います(現在は講談社文庫)。

02贋札に興味がわいた方には『贋札の世界史』(植村峻、日本放送出版協会、2004)を。著者はもと大蔵省印刷局勤務で、「日本の贋札史」「世界の贋札史」「戦争と紙幣偽造」の三章立てでコンパクトにまとめています。上記『奪取』の一部が1993年の実際の事件を参考にしていることなどもわかります。戦時における「伝単」や「軍票」のエピソードが個人的には面白かった。軍票の話といえば松本清張の短編『西郷札』なんてのもありました。

04戦争と紙幣偽造といえば、『ヒトラーの贋札』(2007)という映画がありました。ナチ対囚人の贋札造りをめぐる攻防!、と聞いて『特攻大作戦』や『ロンゲスト・ヤード』、はたまた『勝利への脱出』みたいなドラマを期待したら全然違う地味な映画でした。史実に基づいたお話ですが、原作は『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』(A・ブルガー、朝日新聞社、2008)で体験者の手記がベースです。より客観的な「ベルンハルト作戦」の全体像は『ヒトラー・マネー』(L・マルキン、講談社、2008)をどうぞ。

05現代が舞台の『ウルトラ・ダラー』(手嶋龍一、新潮社、2006)は某国製とされる超精巧な贋ドル札がモチーフの元NHKワシントン支局長が書いた「わが国初のインテリジェンス小説」(笑)。まあ贋札小説というよりエスピオナージュ、謀略小説です。対して元外務省北東アジア課北朝鮮班長が著した『北朝鮮vs.アメリカ』(原田武夫、ちくま新書、2008)なんてのもあって、そこにはさらなる国際謀略説が・・・。なかなかこの世界は筆者にはややこしくて手に負えません。

06贋札の世界史を遡れば話はおのずとヨーロッパの錬金術に行きつくわけですが、この話題では当然種村季弘の登場です。『詐欺師の楽園』(學藝書林、1975)、『山師カリオストロの大冒険』(中央公論社、1978)、『ぺてん師列伝』(青土社、1982)など、詐欺・贋物エピソードのオンパレードです。書影は岩波現代文庫版ですが、種村季弘と岩波は合わないですね。

07最後は、誰もが知ってる贋札映画の雄、みんな大好き『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)です。錬金術師カリオストロの名がルブランの『カリオストロ公爵夫人』を経てこの作品で現代の日本人に深く浸透した、という意味で重要な作品ですが、贋札映画としての瑕疵は「なぜ何百年も摘発されない優秀な贋札製造技術を持ちながら、伯爵は更に財宝を欲しがるのか」「冒頭でルパンは贋札を捨てるのに、ラストでなぜその原版を欲しがるのか」がそれぞれ不明な点です。

それでは次回は企画室の川崎さんにお願いしましょう。

『小さなインプット』

2013-01-23

こんにちは。プレス事業部のたかちゃんです。

寒い日が続き、春の足音が待ち遠しい今日この頃です。

ブログ担当は夏以来なので約半年振りになります。
今日お話しようと思うテーマは・・・

『小さなインプット』です。

社会人になり、仕事をつづけながら何歳になっても、
人は少しずつでも成長し続けたいと思うものです。
微力ながら、まだまだ勉強不足ですが僕もそんなことを思う中の一人です。
(ちなみに今年、年男です^^;)

インプット(入力)とアウトプット(出力)という言葉をよく耳にします。
より多くのことを見聞きして吸収し、自分のフィルターを通すことにより
表現や形・場面は違えど、より良いアウトプットが可能になるのだと考えます。

が、しかし、

毎日の日常生活や仕事に忙殺され、改めてインプットをしようとか
なにかに新しくチャレンジすることがいつの間にか難しくなってきているものです。

人は日々、なんらかの小さな選択
(今日は何を食べようか、どこに出かけようか、どの服を買おうか、、などなど)を
しながら生活しているのですが、大人になるといつの間にか
自分の好みの中で暮らし、そしていつの間にか接する世界が無意識に狭くなって
きてしまっているような気がします。
仕事、接すること、見聞きすること、出会う人、出かける場所、買うもの、食べ物・・・など
いろいろ、知らないうちに自分の趣味や志向の中にとどまり
未知の世界を切り捨てながら生活しているのだとも思います。

そこで、、、

最近の僕のキーワードは

“いつもと違う” です。

自分の好き嫌いの気持ちをちょっと横においておき、ちょっといつもと違う選択をしてみるのです。
「いつもと違う道を通る「いつも買っている缶コーヒーの隣のドリンクを買ってみる」
「いつもと違う車両に乗る」「いつもと違うコンビにに行く」
「いつもと違う言葉を人にかけてみる」「いつも好きで買うUネックの服ではなくVネックの服を買ってみる」
「いつもしない事をやってみる」「いつも行かないような店に入ってみる」
などなど、たくさんあります。

そうすると意外にいろんな発見があるのです。
小さいですが、知らない世界にちょっとだけ出会ったような気がするのです。

大それたインプットはできずとも、日常の“いつもと違う”ことから生まれる
小さなインプットの先には、大きく感じることがあったり
意外なアウトプットがその先に生まれることもあるかもしれません。。。

みなさんもお時間があればぜひ試してみてください。
「いつもと違う○○」を。

今日の僕の話はここで終わりです。

では、次は営業部営業課の三宅さんにつなぎましょう!

はじめましてのご挨拶

2013-01-16

15,000年前の旧石器時代後期に描かれたというラスコー洞窟の壁画
ご存知の方も多いと思います。
この時代から人類は、自らを考えや思想を表現することに工夫を凝らしました。
やがて紙が発明されて以降、木版印刷などが発達し、グーテンベルクによる
活版技術の発明で、一気に印刷が広まりました。
現在では印刷技術は形を変え、紙はもちろん様々な媒体への印刷に
応用され、各種産業の発展に貢献しています。

例えばICT業界の代表格であるWeb制作の技術も、印刷に必要な
写真加工や文字加工の技術が使われています。
映画やTVなどの映像加工の技術もそうですね。
ICカードやICタグも印刷技術の応用です。
私達が生活している身の回りのほとんどが、先人達が培って発展させた
印刷技術が使われています。
このような歴史ある印刷業の伝統を守りつつ、新しい伝統を築いていくことが、
これからの自分の役割と考えます。

さて、話は変わって2013年の今年は巳年。蛇ですね。
ニョロニョロとした動きや、皮膚の質感などから嫌悪されやすい印象ですが、
脱皮を行って成長するヘビは、五穀の豊穣と永遠の生命力の象徴でもあります。

私自身も古い殻を突き破り、進化する1年にしていきたいと思います。

以上、営業部のニューフェイス、木村からのご挨拶でした。

次は、プレス部出力課のたかちゃんにお願いします。

地元三田と大和出版印刷の話

2013-01-09

明けましておめでとうございます。
営業部の多田です。

2013年のはじまりと共にスタッフブログも2順目がスタートしました。
ざざっと、当社スタッフが紹介されましたが、いかがでしたでしょうか。
みなさまお馴染みのスタッフから隠れたレアキャラ(?)まで、大和出版印刷の個性溢れるメンバーを少しでも知ってもらえる機会となっていればうれしいです。

さて、1順目では日常の業務について書かせていただきましたが、今回はちょっと趣向を変えて書きたいと思います。

僕は、30年前に神戸で生まれて灘区で幼少期を過ごしました。
5歳の時に親の仕事の都合で三田へ引っ越しました。

今ではすっかり大阪神戸のベッドタウンとして開けた(と思っています)街ですが、引っ越した当時はまだまだ緑豊かな土地でした。
近所の田んぼでカエルを捕まえたり、山で野いちごを食べたり、池でザリガニを釣ったりと、自然の中で遊んでいました。

その後新しい住宅地が作られ、街の中心がニュータウンに移っていきました。大きなショッピングモールや映画館もできました。
人口もどんどん増えていましたが、反対に僕の家があった元々の市街地は少し元気が無くなってしまいました。

その後大阪で一人暮らしを始めてからは、三田との距離ができたこともあり、あまり気にならなくなっていました。
ところがここ数年、帰省するたびに旧市街地の変化に気が付くようになりました。
駅前周辺の再開発に伴い、地域が活発になってきたからです。

元々の地元商店街や住民だけではなく、新しく三田を訪れた人、大人になって三田に帰ってきた人などなど。
いろんな人の活動を通して、元気を取り戻しつつあるように思います。

偶然ですが、今、当社が掲げている目標は「ReBuild」です。
街と企業では違いがありますが、故郷三田の街並みを見ながら、大和出版印刷の一員としてReBuildに取り組みたいと思った新年でした。
2013年も、どうぞよろしくお願いいたします。

次回は、2013年1月入社のニューフェイス、木村さんにバトンをつなぎたいと思います。
それでは、はりきってどうぞー!

   
大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲