大和出版印刷株式会社

2013年8月

小旅行

2013-08-28

こんにちは。
なぜか、たかちゃんに本名を晒された営業部の店長です。

私は国内旅行をするのが好きで昔まとまった休みがとれた時に
神戸から車で10日間ほどかけて西日本を一周して帰ってきたこともあります。

最近ではさすがに時間も先立つものもないので(;_:)そのようなことはできませんが
連休の時は日帰りで行けるぐらいの小旅行に家族で行くようにしています。

そこで今回は最近行った小旅行の中で面白かった施設があったので紹介します。

その施設は滋賀県にある「養老天命反転地」です。

施設の説明文によると

アーティスト荒川修作と詩人マドリン・ギンズの実験的で体験型のアート作品で、
水平垂直を極力排除し複数の人工的な地平線を配するなど人間の持つ平衡感覚や
遠近感を狂わせ、新しい身体感覚を得られるように設計されている。とのことでした。

施設に入り最初に「陥入膜の径」という建物に立ち寄りました。中に入ると建物自体が
迷路のようになっており、その壁面には冷蔵庫やソファー、などの家具・家電がオブジェ
のように埋め込まれて、まるで異次元空間に迷い込んだような建物でした。

その後、順路に従って進んで行くと、施設内のほぼすべてが斜面で、道の真ん中に突如
大きな穴が開いていたり、岩山があったり、さらには起伏が激しくひと一人がやっと通
れるような壁に挟まれた通路をひたすら歩かされたりと説明通りの不思議なところでした。

ただ、施設内は通路のすぐ横が崖のようになっているところや手をつかないと登れない
ような急斜面が至る所にあるのですが手すりや落下防止のフェンスなど一切ありません
ので小さな子供がいる場合は注意したほうがよさそうです。

ちなみに息子は斜面から転げ落ちそうになり危うく大惨事になるところでした(ーー;))

この施設は写真等で見るよりかなりハードところなのでアクティブな方にはお勧めです(^^♪

それでは次は優さんお願いします。

ドーナツの穴

2013-08-21

こんにちは。プレス事業部のたかちゃんです。

突然ですが、

今日は、『ドーナツの穴』の話をしたいと思います。

先日、社内で行われたデザイン講習会に参加したのですが
そこで、ミント神戸のロゴデザインをされている、
CIプロデューサー&デザイナー“菅原 仁(すがはら じん)”さんの話を聞きました。

私たちは印刷物やクリエイティブデザインで
人にものを伝える仕事をしているわけですが、
菅原さんの話では、広告デザインの中での『余白はとても重要な役割を果たす』
とのことでした。

余白とは紙の中でも真っ白な部分で、なにもないスペースでありますが
そのスペースが、本当に伝えたい訴求内容を引き立てるという内容でした。

僕はその話に共感し、些細なことでしたが感銘を受けました。
その際に思い出したのが、以前に聞いた『ドーナツの穴』の話でした。

以前、知人は
  
  ~ドーナツは穴があいているから、ドーナツなのだ~

と言っていました。

(穴があいていないと、ただの揚げパンなのか、なんなのかわかりませんが・・・^^;)

僕ももちろんドーナツは見たことも食べたこともあるわけで
そんなおかしな話を始めた知人の会話を半ば失笑しながら
聞いていたのですが、続きはこうでした。

ドーナツにあいている、ぽっかりとした穴。

真ん中の穴の中は、何にも見えないけれども、その見えない部分に意味がある。

だから、その見えない部分に意味を感じるか、ただの穴とおもって見過ごすかは

自分次第だと。

ふと、そんな話を思い出し、前述した菅原さんの『余白』とドーナツの『穴』が
僕の中で重なったわけです。

 ~何もないこと、目に見えないことに、意味を感じられるかどうか。~

目に見えないけど、大切なもの、

それはきっと日常の中にもたくさんたくさん潜んでいるんだと思います。

これを読んでくださった方も、

目には見えない大切なもの=『ドーナツの穴』を

ぜひ見つけてみてください。

では、次は営業部の店長につなぎましょう!

ロックバンド

2013-08-08

そうです、スタッフblogに順番はないです!!
ってわけでまたまた僕です、ダイヤです(^’^)

多田さんのblogにもあった通り僕も音楽が好きで、
特にj-popやロックを聴きます(^^)

そのなかでも今きてるなーと思うのが2つあるので紹介します。

まずはamazarashiという青森出身のロックバンドで僕が高校2年のときにはじめて聴いて歌詞の深さに感動しそれから今も聴いてます。
この世の姿、人間とは何か、愛とは何かを、すべてに本当なんかないんだと知らされるバンドです。
バンド名のamazarashiも「日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝しだが「それでも」というところ」からつけられたらしくこのバンドにはこの名前しか合わないかっこいい尊敬するバンドです。

続いてRADWIMPS(ラッドウィンプス)というこちらもロックバンドなんですが、バンド名の意味が「かっこいい意気地なし」という意味で意気地のない弱虫がかっこいい歌を歌うということでつけられたらしいんですがそういう感情的な歌が多いです。
テンポも速い歌が多いので朝に聴いていくと気持ちいいです。

どちらもおススメなのでよかったら聴いてみてください(^^)
amazarashi http://www.youtube.com/watch?v=IzMZCCddyf0
RADWIMPS http://www.youtube.com/watch?v=wvvItrHEfRA

次は大和のMr.文章ことタカチャンよろしくお願いします(・o・)ノシ

大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲