大和出版印刷株式会社

スタッフblog

今年の冬の楽しみ

2013-10-31

こんにちは、営業部の鍛治です。

台風が過ぎ去り、朝晩がめっきり冷え込むようになってまいりましたが、皆さまお元気でしょうか?
寒さを感じ始めた10月30日をもって、ソチ冬季五輪開幕まで100日を切ったそうです。
今回は冬季五輪競技の中でも私が好きなフィギュアスケートについて、少しお話させていただきたいと思います。

フィギュアスケートでは、現在五輪代表枠(男女:各3枠)をかけて全日本選手権やグランプリシリーズと言われる大会でトップ争いが行われています。日本女子フィギュア男子フィギュア共に今回は有力選手が多く、その代表争いは熾烈を極めると言われています。
有力選手と言われている方々を、私のお気に入りのプログラムと共に紹介したいと思います。

≪女子フィギュアスケート≫
・浅田真央選手
(ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』より、前奏曲「鐘」)

・鈴木明子選手
(『シルク・ドゥ・ソレイユ』より、ウエストサイドストーリー)

・村上佳菜子選手
(Prayer for Taylor、ジャンピン・ジャック)

・今井遥選手
(I’m Into Something Good)

・宮原知子選手
(ポル・ウナ・カベサ映画『セント・オブ・ウーマン』より)

・安藤美姫選手
(レクイエム ニ短調、映画『ミッション・クレオパトラ』より)

≪男子フィギュアスケート≫
・羽生結弦選手
(映画『ロミオ+ジュリエット』より、花になれ)

・高橋大輔選手
(映画『道』より、マンボメドレー)

・町田樹選手
(バレエ音楽『火の鳥』より、ドント・ストップ・ミー・ナウ)

・小塚崇彦選手
(ピアノ協奏曲第1番、Hello, Goodbye & Safety Dance)

・無良崇人選手
(Shogun、Talking to the moon)

・織田信成選手
(チャールズ・チャップリンメドレー、スーパーマリオブラザーズ)

私の独断と偏見で選んだお気に入りのプログラムですが、気になる方は動画サイトなどで是非チェックしてみてください。
どの演技も音楽とスケーターの調和が素晴らしく、楽しく感動的なものばかりだと思います!

この選手たち中から誰が五輪出場切符を手に入れるのか、またどんな素敵な演技を披露してくれるのか、今年の冬は楽しくなりそうです。

それでは次はプレス部のクロダさんにお願いしたいと思います!

太鼓の音が聞こえると

2013-10-23

こんにちは、ぶっきーです。

祭りが盛んな私の地元。
毎年10月21日・22日に行われます。
ここ2年ほどは、週末に重なることが多かったのですが、今年は月曜日・火曜日でした。
イベント的に行われるものではないので、平日でもお構いなしです(笑)
それでも祭りに命を賭けている(!?)地元の男性たちは、締め込み&はっぴ姿で熱心に参加しています。
友達のお父さんやお兄さんはいつも屋台(世間でいうお神輿のこと)を担ぐために、普段からトレーニングをしているくらい。
彼らにとっては、お祭りはただの楽しみではなく、「誇り」であるようです。

私は中学生の時に今の家に引っ越したので、あまり詳しいことは知らないのですが、
それでも学校がお祭りのために休みになって、友達と参加したり(私の場合は完全に遊びですが)、祭りの翌日は学校からみんなで神社へ掃除に行ったことは、今ではとてもいい思い出です。

このお祭りの名物は、宵宮で行われる、提灯練り。
地域ごとに提灯を持ち寄り、ぶつけあって割り合うという、なんとも激しい催し(じゃないか…)です。
ぶつける直前までは提灯の明かりが幻想的でなかなかいい雰囲気なのですが、
ひとたび割り始めると、最後の一つが割れるまで、激しく叩き合います。
灘のけんか祭りほど有名ではありませんが、これを見るためにわざわざ訪れる人もいるそうです。
また、昼宮では、地域の屋台が勢ぞろいし、屋台を担いだまますごい速さで走ったり、
屋台を上へ放り投げて、それを頭の上でキャッチして、またそれを落とすようにしたり…という
パフォーマンスが繰り広げられます。
あれだけ大きなものを、男衆が全力で操る様子は大迫力です。

今年も太鼓の練習の音が聞こえてくると、なんとなくそわそわしていました。
結局行けずに終わってしまいましたが…。
来年は行けるかなぁ。

では、次は鍛治さん、よろしくお願いします!

【番外編】JGAS2013へ行ってきました

2013-10-18

IMG_0139

プレス事業部 タカです。今回は番外編をお送りします。

10/4・5日、東京ビッグサイトで開催されている国際総合印刷機材展JGAS2013へ行ってきました。

印刷機材展ですがインクの臭い等が全くしません。というより印刷機が目立たない今回の展示会でした。紙屋、CTP、DTPに関する展示もありませんでした。
やはり各社オンデマンドプリンタの出展が多く見られ、今回、日本初出展となるHPのプロダクション用途のインクジェット機(B2サイズ対応)が注目を浴びていました。今後の主流になっていくんだと予感させてくれました。
型抜き等の出展も多くみられましたがあまり目新しいものはないように思いました。
オフセット印刷はUVに力を入れているようで、ハイデルは省電力型のUV乾燥装置LED乾燥装置「DryStar UV LED」の世界初公開をしていました。(ハイデル本社見学) LED-UVはまだ、過渡期的な技術と数年前まで感じていましたが、技術の確立は進んでいてやはり注目を浴びていました。

●印刷業界全体は激しい環境変化の波にさらされています。どの出展者もプレゼンテーションで「厳しい経済状況のなか・・・」とうたっていましたが、その一方で「+α」の付加価値を見出し未来ある展示会に感じました。とても勉強になりました。

IMG_0161

IMG_0171

何度も行きたくなる街

2013-10-16

こんにちは。
営業部サポート課のアリマです。

この時期、毎年の恒例行事?になりつつある韓国(ソウル)旅行。今年も同期のKさんと行ってきました!

韓国の人口は約5000万人。数年前までは首都ソウルに約4分の1にあたる人口が集中する世界でも密集率の高い都市の一つだったようですが、最近はどんどん減り続けているとかいないとか・・・。
公用語は韓国語で、かつて読み書きに漢字を使用していましたが、李朝時代の1443年に世宗国王が発明したハングル表記が現在の主流となっています。現在、漢字はほとんど使われていない韓国でも、漢字が語源の言葉はたくさんあり、日本語の発音とも似ている言葉が多くあります。
例えば、
家族(カジョッ)、気温(キオン)、運動(ウンドン)、約束(ヤクソッ)無料(ムリョ)など。
文法も似ているので、勉強してみると意外と楽しいかも?!

今年は小さな嬉しい出来事もありました。
去年靴を買ったお店の前を通りかかった時、店員さんに「ここへ来るのは2回目ですね」と声をかけられ、「どうしてわかったのですか?」と聞くと「顔を覚えています!」と言ってくれました。毎日何百人とお客さんが来る中、たった1回会っただけの私達を覚えてくれていて、なんとも言えない嬉しい気持ちになりました。
毎回行く度に新しい発見・変化・出会いがあり、何度行ってもまた行きたくなる街・ソウルです☆

IMG_60751

★写真:コグマパッピンス
コグマ=さつまいも、パッ=小豆、ピンス=氷という意味で、直訳すると「さつまいも小豆かき氷」。
夏になると、至るところで看板を見かけることが出来る、昔から多くの人に愛されてきた韓国の国民的デザート。もう秋ですけど・・・ヽ(*゚∀゚)ノ

次はシステム部のぶっきーさん、よろしくお願いします。

秋めく

2013-10-09

上司の粋な計らいか。偶然にもブログアップ日の本日が誕生日の木村です。
みなさんありがとうございます。

10月に入りめっきり秋めいてきました。
スポーツに、食欲に、芸術にもってこいの季節になりましたね。

さて、先週から秋会期が始まった瀬戸内国際芸術祭ですが、3年に一度の開催と
いうことで、会期期間中、期間外に関わらずかなりの人で賑わうようです。
ということでアートと島を巡ってきました。

晴天に恵まれ、絶好の旅日和となった今回訪れたのは直島と豊島の2島。
直島は草間彌生さんの赤かぼちゃや安藤忠雄さんが建築を手がけた、地中海
美術館が有名です。また空き家を改修した家プロジェクトも見ごたえがあります。
今回直島では予約をしないと鑑賞することができない、「きんざ」を中心に楽しみました。

きんざ

きんざ

 

一方豊島では島内を電動自転車に乗ってサイクリングを楽しみながら豊島美術館を中心に
島内の各所を見て回りました。

豊島美術館

豊島美術館

 

今回特に印象に残ったのは豊島美術館。
ネタバレしてしまうためあまり多くを語りませんが、時間の流れがピタっと止まるとても
不思議な空間でした。ぜひまた訪れたいと思います。

瀬戸内国際芸術祭2013の秋会期は11月4日(月)まで行っています。
みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

次は営業サポート課のアリマさんにお願いします。

「夏バテ!」

2013-10-02

こんにちは、プレス部印刷課ののぎやんです。

やっと寝苦しい夏が通り過ぎましたね。
私はこの夏初めて「夏バテ」を経験しました。
もともと夏は大好きな季節でもあり、毎年熱中症にかかる手前ぐらいまで太陽を浴びて夏を満喫していましたが、年齢的なこともあるのでしょうか、全身の疲労感やイライラする(もともとイラチではある)ことが増え、初めて周りの人に「あかん、夏バテや~」と、弱音を吐いてました。

そんなとき、知人からいただいた「ノニジュース」を毎朝飲み続けていくと・・・何か元気になったような気になったのです。
いままで不定期で飲んだり飲まなかったりしていたせいか、あまり感じなかったのですが、ビタミン、ミネラル、酵素、アミノ酸などの栄養素が多く含まれていて疲労も回復したような・・・。
また、活性酸素よる体の細胞の酸化や老化を抑えて、抗酸化作用を高める働きをする成分が多く含まれるとも書かれていて、生活習慣病にも効果があるようです。

私は、この「ノニジュース」のおかげで47歳の夏を乗り切ることができました。
味は・・・味わって飲めないことはありませんが、毎日息を止めて飲んでます。(結構、キツイです!)

機会があれば一度お試しあれ!!

次回は、木村君にお願いします。

   
大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲