大和出版印刷株式会社

スタッフblog

未来

2015-05-27

息子の窮地を救うべく、タイムトラベルをしたマーティーが訪れたのは30年後の未来。
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で描かれていた未来が今年の2015年
だったとみなさんお気づきでしたか?

『ジョーズ』の飛び出す広告や、壁掛けのワイドスクリーン。テレビ電話など、胸を
躍らせながら現実化を期待していたこれらの技術も、気が付けばいつの間にか普段の
生活に溶け込んでいますね。

そんな中、『自動で靴ひもが締まるスニーカー』をNikeが年内発表に向けて開発中だとか。
年末の発表が楽しみです(笑)

さて、明後日29日はエベレスト征服記念日。たま~に山登りをする私にとっては、
いつか登頂してみたい!と願う世界一の山に、初めて登頂したことを記念して設けられました。
山の気温は100メートル高くなるにつれ、約0.6度も気温が下がるといわれています。
世界最高峰のエベレストの山頂は約8,850メートル。寒がりの私にはとても耐えうる環境では
ありませが、いつかチャレンジしてみたいと思います。

さて、次週は社内1チャレンジ精神に満ち溢れている、営業部のべっしゃんにバトンタッチします。

早起き

2015-05-20

こんにちは、営業部のTやんです。

今回はお客様のお話をします。
その方は乗馬が大好きで学生時代から始めて約30年の乗馬歴なのですが、社会人になってからは転勤族で地元を離れることが多く、その間は趣味程度でしか乗れなかったみたいです。
ところが5年前ぐらいに地元配属になり、その頃からぼちぼち再開し始めて今ではほぼ毎日のように乗馬をしているそうです!なぜ?毎日?と思われますが地元の出身大学内に歴史ある馬術部があり、毎日早朝から馬のトレーニングを兼ねて現役学生に指導・教育をしておられます。
現役学生は馬を力で支配しようとする傾向が多く(ご自身の現役時もそうだったみたいですが)、馬の気持ちや感情に気配りできていないそうです。人間もそうですが馬も相当ストレスがあるみたいで、いかに馬の負担を下げつつ、心でいつも会話(手綱を通して)をして主従・信頼関係を築いていくかが大事だそうです。これが人間社会とよく似ていて自身のメンタルトレーニングにもなる!と言って私にも勧めてこられました。
毎朝4時起きで1時間半ぐらい乗馬してからの会社出勤!?
「う~ん自信が無いです!」と即答してしまいましたが今度見学に行くことを約束しました。馬に乗って自分のメントレ。今までそんな事を考えたこともなかったのでなかなか想像できませんが…。
いろんなジャンルを通じて自分の成長に繋げていければと思っています!

早起きは三文の徳!早朝4時起き!
1週間のうちどれだけ出来るか不安ですが確かめに行ってみようと思います。

因みにその方の愛馬(大学内で育成中)はステイゴールド産駒で、最近やっと乗馬競技にデビューして活躍しはじめているそうです。
シルバーコレクター!偉大なるお父さん!馬券ではお世話になりました!
頑張れ!リョウキョウ君(馬名)

次は、木村さんお願いします。

BEST 3

2015-05-13

こんにちは営業部の店長です。

最近、ふらっと立ち寄った本屋さんで変わった生物にスポットを当てた本があったので
何気なく読んでみるとかなりおもしろかったので個人的にぐっと来たBEST 3を発表したいと思います。

3位「チューブワーム」

深海の熱水噴出孔や冷水湧出帯周辺に生息する生物です。
このチューブワームは口・消化管・肛門などの消化管等をもたず一切ものを食べません。
「じゃあどうやって生きてんの?」と思って調べると人間には害になる硫黄だけを体内に取り込み
生きているようです。単純に「どんな生物やねん!」ということで第3位です。

2位「プラナリア」

扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目に属する動物です。
このプラナリア、とても再生能力が強いと言われており、体を半分くらいなら簡単に再生します。
また、海外ではプラナリアを100個に切って見事にすべて再生したという話しがあるそうです
しかも寿命が無く「不死身の生物」と言われているようです。
ただし、この無敵のような生物は水がきれいでないと生きられず水が汚いと溶けて無くなってしまうようです。
「不死身の生物」とか言われながらこの繊細さ?に引かれたので第2位です。

1位「クマムシ」

皆さんご存知「あったかいんだから~」ではなく緩歩動物門に属する動物です。
4対8脚で形がクマに似ていることからクマムシと呼ばれているようです。
このクマムシの何がすごいかというととにかく「最強」なんです。

体長は大きいもので1mm程の動物で、空気がなくても、餌がなくても、水がなくても、
摂氏150度以上またはマイナス150度以下の温度でも、生き延びることができます。
また、新陳代謝の速度を1万分の1に遅くして、水分消費量を通常の1%に抑えることができたり、
通常は体重の85%をしめる水分を0.05%まで減らし、極度の乾燥状態にも耐えることができたりするようです。
さらに7万5000気圧まで耐えるほか、ヒトのX線致死線量は500レントゲンだが、クマムシは57万レントゲンまで
耐えられるなどありとあらゆる拷問?を受けても耐えて見せるというこのクマムシがぐっと来た第1位です!

私もまだ、調べ始めたばかりでわからないことだらけなんで詳しい方はおすすめ生物を教えてください(笑)

それでは次は谷上さんお願いします。

オレ様、カフェオレ様。

2015-05-07

こんにちは。
プレス部のたかちゃんです。
最近急に暑くなってきました。
ので、余計暑苦しい話をしてみましょう。

少し前まで、テレビなどで『草食系男子』という言葉が流行っていました。
(僕自身は昭和52年生まれなので、草食系男子ではないです)

が、ここ最近の男子のことは『カフェオレ様』と呼ぶらしいと人から聞きました。

【カフェオレ】
が、コーヒーと牛乳で混ざっているように中性的で
男の子が化粧水を使ったり、ネイルを気にしたりと、少し女性に近くなり、
中性寄りに以前よりもなりつつあるそうです。

【オレ様】
は、そのままで、“オレ様”的要素、つまりは、「自分的にはこうなのだ!」という
自己意識がはっきりと備わっている、そんな感じらしいです。

【カフェオレ】+【オレ様】=【カフェオレ様】
ということで、一見コーヒーと牛乳が混ぜ合わさったような
ナヨナヨした中性な男子に見えながらもそこには、はっきりした自己主張が存在する。
そんな、ボーイズらしいです。

世の男子のみなさま、ごめんなさい。

でも、悲観的にならずに、ポジティブにとらえると、
結構いいことだと思うんですよね。モノに置き換えると。

相反するふたつのもの(コーヒーと牛乳)を混ぜておとしどころを作りながら
自己主張がある。こんな商品があると、いい商品が生まれると思うんです。

この言葉を商品に置き換えると
企業側のしたいこと(コーヒー)、と、消費者のニーズ(牛乳)の落としどころがあって、
オリジナルのブランド製(自己主張)がある。

いい商品、作れそうだと思いませんか??

アイデアに悩んだときは、『カフェオレ様』、使えると思います。

困ったときは思い出してみてください。

オレ様的なブログになってしまいましたので、今日はこの辺で終わりにします。
次は、営業部の店長にバトンタッチ!

   
大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲