大和出版印刷株式会社

何度も行きたくなる街

2013-10-16

こんにちは。
営業部サポート課のアリマです。

この時期、毎年の恒例行事?になりつつある韓国(ソウル)旅行。今年も同期のKさんと行ってきました!

韓国の人口は約5000万人。数年前までは首都ソウルに約4分の1にあたる人口が集中する世界でも密集率の高い都市の一つだったようですが、最近はどんどん減り続けているとかいないとか・・・。
公用語は韓国語で、かつて読み書きに漢字を使用していましたが、李朝時代の1443年に世宗国王が発明したハングル表記が現在の主流となっています。現在、漢字はほとんど使われていない韓国でも、漢字が語源の言葉はたくさんあり、日本語の発音とも似ている言葉が多くあります。
例えば、
家族(カジョッ)、気温(キオン)、運動(ウンドン)、約束(ヤクソッ)無料(ムリョ)など。
文法も似ているので、勉強してみると意外と楽しいかも?!

今年は小さな嬉しい出来事もありました。
去年靴を買ったお店の前を通りかかった時、店員さんに「ここへ来るのは2回目ですね」と声をかけられ、「どうしてわかったのですか?」と聞くと「顔を覚えています!」と言ってくれました。毎日何百人とお客さんが来る中、たった1回会っただけの私達を覚えてくれていて、なんとも言えない嬉しい気持ちになりました。
毎回行く度に新しい発見・変化・出会いがあり、何度行ってもまた行きたくなる街・ソウルです☆

IMG_60751

★写真:コグマパッピンス
コグマ=さつまいも、パッ=小豆、ピンス=氷という意味で、直訳すると「さつまいも小豆かき氷」。
夏になると、至るところで看板を見かけることが出来る、昔から多くの人に愛されてきた韓国の国民的デザート。もう秋ですけど・・・ヽ(*゚∀゚)ノ

次はシステム部のぶっきーさん、よろしくお願いします。

大和出版印刷株式会社 〒658-0031 神戸市東灘区向洋町東2丁目7-2 TEL 078-857-2355 FAX 078-857-2377
Copyright © 2012-2016 Daiwa Shuppan Printing Co. Ltd. All Rights Reserved.
Return to Top ▲Return to Top ▲